Pocket

こんにちは。宮本です。

プロのカメラマンが失敗しないための7つのチェックポイント。

撮影中に唱えれば失敗しないその呪文『シロ・シ・ア・ゲ・ブレ・ピン・ND』

今日は 7番目の『ND』=エヌディ についてご説明します。

1、『ND』ってなに?

『ND』とは、ND(エヌディ)フィルターと呼ばれるもので、日差しの強い日にかける、カメラ
にとってのサングラスみたいなものだと思ってもらえればいいと思います。明るい場所で撮影 するときに、レンズに入る光を調整するフィルターのことです。

屋内であれば、照明などで明るさを調整できます。でも、屋外の撮影では、そうもいきません。

太陽の日差しを自由自在に調整することなんて、できないですよね?

そんなとき、レンズの中 に入る光の量を調整するために使うのが、今回ご紹介する7つのチェックポイントのひとつ、 ND フィルターです。

レンズの中の光量を調整する方法は

1シャッタースピードを早くして、光の量を調整する。
2アイリス羽根を絞って、レンズ内に入る光の量を調整する。

という2つがあります。

この内、シャッタースピードについては、映像のフレームレートの問 題や、フリッカー対策などで、1/100秒に固定して使用しています。

もう一つ、レンズの中の光量を調整する方法にアイリスがありますが、屋外の撮影では、明るすぎて、アイリスの露出補正だけでは、対応が難しい場合が出てきます。

そういう状況に対応するために使用するのが、ND フィルターです。ND フィルターが、レンズに かけるサングラスのイメージと言ったのがお分かりでしょうか。レンズに入る光量を適正にな るように調整してくれるのです。

ここまで、明るさの調整機能を紹介してきましたが、ちょっと分かりづらくなってきたと思う ので、念のため、復習を兼ねて整理しておきましょう。

●すごく暗いときに、明るくするために使用するのが『ゲイン』

●すごく明るいときに、暗くするために使うのが『ND フィルター』

です。この部分、しっかり覚えて押さえておきましょう。

ND フィルターは、機種によって、あらかじめ標準装備されている場合と、そうでない場合があ ります。光の状態に合わせて、その都度、フィルターを交換したりする(一枚もの)や、一枚 で明るさを調整できる可変フィルターもあります。下の写真は、一眼レフ用の外付け可変フィ ルターです。フィルターの外周には、調整ダイヤルがあって、それを回すことで、フィルター を明るくしたり、暗くしたりできます。向こう側の見え具合が違うのがわかると思います。

屋外の撮影では、ND フィルターは必須になります。夏の日差しは、特に強烈です。標準装備し てない機種をお持ちの方は、ND フィルターを必ず用意してください。

2、もうちょっと詳しく。

下の図を見てください。

左右が明るさを表しています。左が明るい状態で、右が暗い状態だと思ってください。そして 仮にですが、アイリスで調整できる範囲は、真ん中のイメージです。

 

 

屋外で、太陽光が強い時でも、人間の目なら、無意識に違和感なく、しかも無段階に明るさを 調整できます。なので、人間には問題がおきることはありません。

でも、機械の場合は、そんなとき、調整が必要です。アイリスの露出補正だけでは、対応できないような状況です。上の図で言えば、明るさが一番左側になってしまうような状況です。

もし、その状況から、さらに一段、日差しが強くなってしまったらどうなるでしょう?

アイリスでは、それ以上羽根を絞れません。そこで『ND』フィルターの出番です。NDフィルターを入れることで、明るさの基準を下げて、アイリスで調整できる範囲に持ってきます。

動画の撮影において、ND フィルターの果たす役割は大きいです。今回は、あえてあまり触れま せんが、露出を絞った時、被写界深度が深くなる、という現象がおきます。被写界深度とは、 露出を絞るとピントの合う範囲が前後に広くなる現象です。単純に考えれば「ピントが合えば 良いじゃん」となりそうですが、そうもいきません。被写体にピントを合わせて、バックをぼ かすような映像を狙っている場合、不都合が起きてしまいます。

ちょっと豆知識(NDフィルターを使うシーンの事例)

NDフィルターを使うシーンの例をひとつご紹介しましょう。 屋外から室内に移動する撮影する場合です。外は強烈に明るくて、中は暗いという状況です。 そんなとき、屋外での撮影では、あらかじめ ND フィルターをかけておきます。そして室内に移 動した瞬間に、ND フィルターのスイッチを切って、明るさを調整したりするのです。テレビの 生放送などで、編集が効かない場合、こんな映像が流れるときがあります。チェックしてみて ください。

3、ND フィルターの設定

最後に設定の仕方と注意点です。

弊社のカメラの場合ですが、ND フィルターの設定は、ここでおこないます。光の強さによって、 1、2、3と切り替えていきます。

撮影前には、ND フィルターが CLEAR になっていることを確認しましょう。何かの拍子で入って
いたり、入れていたのをついうっかり切り忘れていたりいる可能性もあります。その上で、アイリスなどの調整をしましょう。

 

以上、失敗しない撮影の呪文『ND』でした。撮影中は、何度も7つのチェックを繰り返して、 あなたの撮影が失敗しないように活用しましょう。

 

【ブライダル・運動会・ステージ】ミスの許されない撮影現場で なぜプロのカメラマンは失敗しないのか?あなたが知っておくべき7つのチェックポイント