Pocket

動画撮影の準備において重要なことは、どんな内容の絵を撮るのか?

つまりシナリオです。

PR動画で何を伝えればいいのか?

まず、どんなターゲットのどんな問題を、どうやって解決するのかという観点で、シナリオを作ってみましょう。

参考動画(記事最後にど紹介しています)では、「個人事業主や経営者が動画PRをしたいのに費用と手間がかかって大変そうだ」という問題に対して、「スマホと動画編集ソフトさえあれば簡単ですよ」という解決方法を提示しています。

このように経営者や事業主自らが自社サービスをPRする方法もあれば、お客様インタビューを撮るという方法もあります。

お客様の場合、ターゲットと問題が明確ですので、同じような悩みを持った方にはとても参考になるコンテンツに仕上がります。

 

PR動画は対談形式がオススメ!

カメラ目線は、視聴者にとって圧迫感があります。

ですので、最後の一言だけカメラ目線にして、あとは対談形式にするのが良いでしょう。

ということは、最初に質問を用意することが台本作りでやることです。

実際の撮影でも、質問者を置いて、その人としゃべるように語ると自然に映ります。

 

質問事項を箇条書きにしよう!

 

撮影においてアドリブは2つの観点からオススメしません。

一つ目は、本人がアガってしまい、うまく伝えきれないという点。

もう一つは、編集の段階で編集作業の工程が多くなるという点です。

あらかじめ質問を用意することで、目次の代わりとなります。 あとで目次を入れ替えることは編集ソフトでどうにでもなりますが、どこに何が収録されていたのかわからなくなることは避けたいところです。

今回の参考動画では、下記のような質問を用意しました。

1.動画制作は難しいんですか?

2.どんな機材が必要なんですか?

3.詳しい情報はどこで手に入るんですか?

メルマガに誘導しようという想定でPR動画を作っているのでこのような形になりました。 なお、実際の質問音声はカットして、1や3ではテロップを用意したり、2では完全に割愛したりしています。

 

カンペを用意しよう!

質問を用意すれば、それに答えるだけ、と簡単に見えますが、いざカメラが動き出すと、人は緊張で固まってしまいます。 ですので、あらかじめ答える内容を決めておくのがポイントです。

その上で気持ちが乗ってきたり、これも言っておこうというのが降りてきたらアドリブを噛ませればいいのです。 今回の参考動画は、あえてカンペを用意せずにやってみましたが、どれだけグダグダ感が出てしまうのか、お判り頂けると思います。(笑)

なお、カンペを見ている時の映像が、他のカットにすることでバレないようにすることもできます。

 

無料メルマガ「スマホでできるPR動画の作り方」

スタジオamuでは、皆様がスマホで簡単にPR動画を作ることができるように、プロの撮影現場で培ったノウハウをお届けしております。

お得なセミナーイベントなどもここでお知らせいたしますので、ぜひご登録ください。

 

こんな作品を作ることができます♪

現在、基本的なスマホ撮影&動画編集ノウハウをまとめた無料PDFもプレゼント中です。

ぜひ今のうちにご登録くださいね♪

 

【無料PDFプレゼント】スマホでできるPR動画の作り方