STAFF BLOG

【動画撮影の極意】
手ブレ補正とピント調整(フォーカス)の注意点とは?

こんにちは。宮本です。

プロのカメラマンが失敗しないための7つのチェックポイント。

撮影中に唱えれば失敗しない その呪文『シロ・シ・ア・ゲ・ブレ・ピン・ND』

今日は 5番目の『ブレ』=手ブレ補正 6番目の『ピン』=ピント調整(フォーカス) についてご説明しましょう。いつもは一つずつ説明しているのですが、今日は2つまとめてお話しをします。なぜなら、2 つともフォーカスに関することだからです。決して、面倒くさいからではありません。(笑)

では早速、本題に入ります。 

[toc]

1、手ブレ補正の注意点(三脚使用時と手持ち時の違い)

手ブレした映像は、たとえ静止画であっても、決して気持ちが良いものではありません。これが動画になったら、大変です。見せる方はまだいいかもしれませんが、見せられる方は、ただ の苦行です。以前は、そういう動画も世の中にたくさんありました。でも今は、カメラに手ブレ補正機能が 付いているから安心です。カメラマンの腕の未熟さを、機械のほうがサポートしてくれます。 手ブレ補正は、動画撮影の強い味方ですね。

手ぶれ補正の効果

ただし、そんな便利な手ブレ補正機能にも、使用時には、思い出して欲しい注意点があります。どんな時でもフォーカスを AUTO で 撮影するのは、NG なのです。せっかくの晴れ舞台で、撮影失敗し ないように、手ブレ補正機能を使う時の注意点をお話します。

 

(1)三脚使用時は手ブレ補正をオフに

便利な手ブレ補正機能ですが、三脚を使用する際には、オフにするのが基本です。その理由は 二つあります。 まず、ひとつは三脚があれば、しっかりと固定された状態で撮影できるので、基本、手ブレは おきないから。です。当たり前ですね。そしてもうひとつの理由が肝心なところです。それは

 

「パン(注)した時に映像がついてこなくなるから」です。詳しくご説明しましょう。

 

手ブレ補正には

1電子的手ブレ補正
2光学式(シフト方式)手ブレ補正
3光学的(バリアングル・プリズム(V.A.P)方式)手ブレ補正

 

があります。

ここでは、ページの都合で、詳細は語りませんが、どの方式も基本的には、被写体を枠の真ん中に入れるように機械がサポートしてくれています。 ところが、意図的に左右にパンした場合でも、カメラ側がそれを「手ブレ」と認識してしまうという状態が発生します。

 

そうするとどうなるか?

 

手ブレ補正機能が、被写体をフレームのな かにとどめようと努力するので、結果的に、左右に振った時、映像が遅れてしまい、意図した映像が撮れなくなってしまうのです。ですので、三脚使用時には『手ブレ補正機能をオフ』で撮影するのが基本だと覚えましょう。

 

(2)手持ち撮影では手ブレ補正をON

逆に手持ち撮影では、手ブレ補正機能を ON にします。もちろん、意図的なパンを使ってしまう と、映像が遅れて、意図した撮影ができないのは同じです。なので、その点には注意しながら の撮影になります。基本的に手ブレ補正は、とっても優秀な機能なので、強い味方として、頼れるところは頼ってしまいましょう。

注:「パン」とは、映像撮影における基本のカメラワークのひとつです。カメラを左右に振って撮影する技術です。 少しだけ正確にいうと、左から右に振るのが「パン」で、右から左に振るのを「逆パン」と言います。広い風景を 表現したい時や、横長の被写体を見せたい時、水平移動する被写体を追う時など、パンを使います。

 

ちょっと豆知識(動画撮影のカメラワークの4つの基本形)

動画撮影におけるカメラワークには、基本となる4つがあります。

1.固定撮影(フィクス)…………………………………………カメラを固定してずっと動かさずに使う技法をフィックスと言います。

2.カメラを振る(パン、ティルト)……………………………手ブレ補正のところで、お話しした左右に振る「パン」に対して、縦に振るのを「ティルト」 と言います。

3.カメラレンズの動き(ズーム・イン/アウト、フォーカス・イン/アウト)…広角の状態から望遠を「ズームイン」、その逆を「ズームアウト」といいます。また、ピン トの合う点を変えるレンズ操作が、「フォーカスイン/アウト」。

4.移動撮影(トラック、ドリー・イン/アウト)………………専用機材を使って、カメラ自体を横に移動させて撮影する技法を「トラック」。カメラ自体 を被写体に近づけたり、遠ざけたりする撮影を「ドリー・イン/アウト」と呼びます。

の4つです。

これらは、撮影技術の注意点として、実際の例を交えて、別の機会に詳しくお話ししたいと思 います。

 

2、AUTO フォーカス時の注意点

続いて、フォーカスについてお話ししましょう。

基本的にはフォーカスは AUTO にして撮影します。が、この時、いくつか注意点があります。出来上がった動画を見て、「あれ?想像と違う」ということにならないようにしましょう。

(1)背景にピントが合いやすい「奥ピン」に注意

オートフォーカス使用時は、焦点を合わせたい人物よりも、背後にフェンスなど、鮮明な線があると、そちらにピントが合ってしまう傾向があります。その場合、当然、手前の人物はボケてしまうので、注意が必要です。

「奥ピン」なんて言い方もします。そんな時は、まず、マニュ アルフォーカスに切り替えてピントを合わせる作業をしてください。言葉だと伝わりづらいと思いますので、動画を用意しました。今回は、こちらをご覧ください。

オートフォーカスとマニュアルフォーカス

まず、ピントを合わせたい被写体に、思い切りズームインします。 人物であれば、髪の毛など、ピントの合わせやすい部分がいいです ね。そこで一度、ピントを合わせます。そうすると、そこでフォー カスは固定されますので、そこからズームアウトをして引きの映像 を作っても、ピントは合ったままで撮影ができます。

(2)暗いところに注意

もうひとつ注意点は、暗いところでの撮影です。暗いところでは、オートフォーカスの機能が 弱いのか、ピントが合わせづらくなります。そのような場合も一旦マニュアルに切り替えて、 ズームインしてフォーカスを合わせてから、撮影しましょう。

ズームインしても、暗くてピントが合わせづらい時には、ちょっとしたテクニックを使います。 フォーカスを合わせたい被写体の横に携帯電話などを光らせて、それを目安にピントを合わせ るというやり方や、懐中電灯で被写体を照らす、という方法もあります。どちらにしても、ズ ームインしてピントを一度合わせる。そうすれば、お互いの距離感が変わらない限り、ピントが外れることはありません。

失敗しない撮影の呪文の『ブレとピン』でした。撮影中は、何度も繰り返して、あなたの撮影 に活かしてください。

【無料PDF】ミスの許されない撮影現場でなぜプロのカメラマンは失敗しないのか?7つのチェックポイント

 

関連記事一覧

PAGE TOP