STAFF BLOG

ちば情熱アスリートロケ日記vol.2

今回、撮影に伺ったのはブラインドサッカーチーム「松戸・乃木坂ユナイテッド」です。

そこに所属する、日本代表の佐々木康裕選手をたずねました。

ナビゲーターは千葉真子さん。

 

そもそもブラインドサッカーって言われて、みなさんはどんな事イメージします?「目が見えない人がやるサッカーだよね?」「たしかアイマスクするんだっけ」「なんか音の鳴るボール蹴ってたような…」こんな感じでしょうか。

たぶん、それさえも知らないって人も多いかと。自分は小・中・高とサッカー部だったのですが、ブラインドサッカーほとんど知りませんでした。こんなサッカー大好き人間でさえ、遠いところにあるスポーツだったんです。だから、ロケ前に情報集めに見学&体験をさせていただいたんですが…

 

もうこれが難しい!!!

 

ず~っと触ってきたサッカーボールだからアイマスクしてても、「まあトラップ・パス・ドリブル、ちょっとくらいはできるでしょ」と思い込んでました…。まずボールの距離感わからんし、トラップしたあとのボールの行方もわからん、そもそも自分がどっち向いてるのかももうわからん…

 

無理ゲーですよ。なんなんですかこれ。

 

でも、そこからだんだんトラップできたり、ボールをうまく蹴れた瞬間はかなり気持ちいいんですけどね。千葉さんがブラインドサッカーはできないことが多い分、伸びしろがあって、成長をより感じられるスポーツって言ってましたがその通りだと思います。

そしてそして一緒に練習させていただいた佐々木選手、マジうますぎ。

 

強く蹴ってもめっちゃトラップするし!

両足つかって信じられんくらいドリブル速いし!

佐々木選手マジ半端ないって!!

(分かる人だけわかってもらえればいいです笑)

 

ちなみに晴眼者でも、アイマスクすれば日本の規定では大会に参加可能です。(パラリンピックは国際規定なので出られません)

実際、松戸・乃木坂ユナイテッドにも目が見えるプレイヤーも何人かいらっしゃいます。その人たちにお話し伺った中で印象深かったのが、「ぼくはそんなにブラインドサッカー=目が見えない人のスポーツって感覚はないんです。手が使えない、足が使えないスポーツがあるように、目が使えないスポーツ、目が見える人も見えないひとも一緒にできるスポーツそれがブラインドサッカー」

公式ボールにもメッセージあります。

いやーシビれるじゃないですか。

放送は9月からです、お楽しみにー。

【無料】報道カメラマンが教える『地域密着ビデオジャーナリスト』映像撮影編集講座

関連記事一覧

PAGE TOP