fc4d3a356d19b07d50b463fabc6a2b7e-1280x320.jpg

STAFF BLOG

動画制作で自社PR力を劇的にUP!話題の動画マーケティングとは

20180614.jpg

「自社コンテンツをPRするのに、もっと効果的な方法を探している」
「クライアントを楽しませながら、自然な形でインバウンドを促進していきたい」

そのような希望にこたえてくれるのが、現在になって急成長を遂げている動画マーケティングです。自社コンテンツを盛り込んだ動画を制作し、Youtube、facebook、twitter、あるいは自社ホームページなどで公開することにより、新たな視点からのマーケティングが可能になります。

そこで今回は、動画マーケティングの基本的な内容やメリット、成功させるためのポイントについてまとめました。

1. 動画マーケティングとは?

最近ではYoutubeを観ているときに動画の前にCMが流れたり、facebookやtwitter、instagramなどのSNSをチェックしているときに短い動画CMが流れたり・・・というシーンに出会ったことが、少なからずあるのではないでしょうか。たとえ、ご自分の好みや目的に関係ない動画でも、流れてくるとついつい見入ってしまうもの。動画を使ったマーケティングは、とても注目を集めています。

動画マーケティングとは、企業や商品など自社コンテンツの内容を潜在的なクライアントにアピールしていく方法です。動画制作や映像制作をしてからインターネット上で公開することにより、見込み客の獲得やインバウンド効果が期待できると考えられています。

2. 動画マーケティングが注目された背景

まず最初に、動画マーケティングがこれほどまでに注目された背景をみていきましょう。

(1)インターネットとスマートフォンの普及

動画制作や映像制作の効果がこれほどまでに見込めるようになった背景は、インターネットの普及ですが、近年ではWi-Fiの技術力も大幅に改善され、私たちはどこにいてもインターネットを利用できるようになりました。つまり、動画配信からインバウンドを期待できる環境が、企業側が想像する以上に整えられたということなのです。
さらにスマートフォンの普及という背景も加わり、動画マーケティングは今後もさらに世の中から求められていくでしょう。

(2)SNSの普及

それに伴うSNSの普及も、動画制作や映像制作を躍進させたキーポイントです。現在では若い世代はもちろん40代を超える人までSNSに参加するようになり、全体的なSNS人口は順調に増えています。一度ユーザーの心をつかんだ動画は瞬く間に拡散されることもあり、SNSは動画マーケティングには最適な場所とも言えます。

3. 動画マーケティングを取り入れるべき3つの理由

これほどまでにインフラが整い、影響力を強めつつある動画マーケティングは、自社コンテンツを持つ企業ならぜひとも有効活用していきたいもの。それには3つの理由があります。

(1)視覚的なアピールができる

視覚的なアピールができることは、動画制作や映像制作における最大のメリットの一つです。コンテンツを大々的にアピールしていくには膨大な情報量が必要となりますが、これを紙面で伝えるとクライアントは飽きてしまいます。そこで動画による視覚的な一面を取り入れることにより、多くの情報をより自然に伝えられるのです。

(2)ユーザーに受け入れられやすい

今回お話しする動画マーケティングとは、5秒から長くとも数分程度で完結する動画をインターネット上に公開するというもので、ここでキーポイントになるものはその短さ。クライアントとしては「いくら有益な情報であっても長い時間を費やして情報収集するのは避けたい」と思うなか、数分程度の動画ならストレスを大幅に軽減できます。ここで相手から受け入れられるようになり、自然にインバウンド効果を期待できるようになります。

(3)インバウンドが期待できる

企業にとっては自ら積極的にコンテンツを打ち出していくより、クライアントに見つけてもらうインバウンドが理想。そこでインバウンドマーケティングが注目されています。動画制作・映像制作をしてからインターネット上に投稿し、不特定多数の視聴者をつかみ、そこから問い合わせやアクセスを期待できる動画マーケティングは、企業としても今後存分に活用していく価値があります。

4. どんな動画を作る?成功する動画制作とは

さて、ここまで動画マーケティングの将来性とメリットについてお話してきました。自社コンテンツをさらにアピールするならぜひとも取り入れてきたいところですが、実際に成功させるにはポイントがあります。

(1)目的に合わせた動画を作る

動画制作や映像制作で成功するには、自社のコンテンツとメッセージ性が動画と一致している必要があります。よくテレビCMなどでインパクトの強いものを見かけるからか、そのように動画や映像の制作を考える担当者の方が多いのですが、インパクトの強い動画と動画マーケティングの成功度は必ずしも一致しないためです。
まずは動画としてのメッセージ性を明確化してからエンターテイメント性や華やかさを盛り込んでいくのがベストです。

(2)グーグル提唱HHH(スリーエイチ)戦略

a080107d1aab20f2ab68202ed61c4438.png
動画コンテンツは、さまざまなジャンルがありますが、マーケティング的には、グーグルが提唱しているHHH戦略を踏襲したものが効果的です。

●Hero(ヒーロー)コンテンツ
「面白い」「クールな」「感動的な」など、話題性のあるコンテンツを指します。目的は、多くの人に関心を持ってもらうことで、幅広い層にリーチすることを目指します。

●Hub(ハブ)コンテンツ
自社の見込み客をターゲットにしたコンテンツです。Hero(ヒーロー)コンテンツを見た視聴者にリピートしてもらうコンテンツ制作をします。見続けてもらえることを目指します。

●Help(ヘルプ)コンテンツ
Hub(ハブ)コンテンツで作ったリピーターを顧客に転換させるコンテンツです。ヘルプやサポートなど、有益な情報提供を通じて、ターゲットの疑問解決を目指します。

の3つに分かれます。このなかから自社コンテンツのPRに見合ったものを選び、動画制作や映像制作の方針を決めていきましょう。

(3)質の高い動画を作る

メッセージ性とコンセプトが整ったら、質の高さに注目します。伝えたいメッセージがはっきりしていても動画としての面白みがなければ、例え数分であってもユーザーは退屈してしまうからです。

「ユーザーを飽きさせない魅力があるか」
「つい目で追ってしまうような面白さがあるか」

などを細かく確認し、最終的な仕上げに持っていくのが理想です。

5. 最終手段?動画制作のプロに頼む

動画マーケティングを成功させるには数々のポイントがありますが、これから始めるなかでは不慣れなことも多いでしょう。そこで動画制作や映像制作のプロに頼むのがおすすめです。特にYouTubeやSNSでの発信などでは、1回作ったら終わりではなく、定期的にかつ、継続的に発信するが求められます。2分〜10分程度で、内容のある動画作りが必要です。

会社内で、動画制作を上司に振られて、作っている動画制作担当者の方も多いと思いますが、普通は、別のお仕事も抱えています。他の仕事をしながら、動画作りを継続的に続けていくには、相当の忍耐力と集中力が必要です。会社内で動画制作だけがお仕事の場合や、動画制作が三度の飯より大好き?という場合を除いては、外注することも視野に入れておくと良いでしょう。

コンセプトとメッセージ性の打ち出し方、動画としての魅力の出し方、著作権・肖像権への配慮など、プロならではの豊富な知識と技術で動画マーケティングの成功率を高めてくれます。自力でやるよりはるかに高いインバウンド効果を見込めることでしょう。

以上、動画マーケティングの重要性と成功させるポイントについてお話しました。成功させるにはさまざまなポイントを押さえておく必要があるため、プロによるサポートが大いに役立ちます。

*************************************

STUDIO amuではテレビ業界に25年以上かかわってきた経験を活かし、クライアント様のご期待に沿えるような動画制作・映像制作に携わっております。視聴率の競争が激しいテレビで仕事をしてきたからこそ、皆様に満足していただける動画制作・映像制作には自信があります。今後の自社コンテンツPRツールとして動画マーケティングを希望される方は、ぜひ一度STUDIO amuにご相談ください。

 

関連記事一覧
  1. a4c1b553cdae44849ee47dc5f0fedd54-500x347.jpg
  2. 120bcc76ea269fac092c31f81fd00a1e-500x347.jpg
  3. 54a13e6eb5ba594f190789100eadd378-500x347.jpg
  4. 3a5010d9c615c3bc58fa23d40f97b4f4-500x347.jpg
  5. YouTube-500x347.jpg
  6. c993179224fbf9b2c7cff912feff4050-500x300.png
PAGE TOP