fc4d3a356d19b07d50b463fabc6a2b7e-1280x320.jpg

STAFF BLOG

動画制作の手順と方法|動画の撮影・編集を依頼する場合の相場と注意点とは?

42139fac8957b3406813b5f984cfd211-840x580.jpg

動画制作を始めてみようと検討されている方は、いったい何からすればいいのか分からずお困りかと思います。

本記事では、初心者の方に向けて動画制作の手順や方法を分かりやすく解説しています。撮影のコツや、プロの映像制作会社への依頼方法について、ぜひご参考にしてください。

動画制作の手順は大きく4ステップ

■動画制作の主な流れ
①企画・構成
②撮影
③編集
④公開

動画制作の手順は「企画・構成」、「撮影」、「編集」、「公開」の4ステップです。各項目について詳しく見ていきましょう。

①企画・構成で動画制作の方向性を決める

動画制作の目的はさまざまです。企画・構成とは、動画制作の方向性を決める重要な作業で、動画の仕上がりを左右します。

■企画・構成のポイント
・動画を見た人にどのように感じて欲しいか
・何を伝えたいのか
・動画を見てどのような行動を取って欲しいか
・誰に見て欲しいか
・どこに公開するか

動画制作の企画・構成では、これらのポイントを明確にするのが必要となります。

テーマを決めよう!何を伝えたい動画制作か

■企画・構成の主な目的
・ブランディング
・商品の宣伝
・会社や地域のアピール
・エンターテインメントとして視聴者を楽しませる

簡単に動画制作の目的を挙げてみても、これだけ多様です。動画制作に期待する成果を上げるためには、テーマ設定が重要になります。「何を伝えたいのか」を具体的かつ明確にし、動画制作の目的を意識できるようにしましょう。

ターゲットは誰か?誰に動画を見て欲しいか

「誰に見て欲しいか」を明確にするのも、効果の高い動画制作において重要な要素です。ターゲットを設定すると、テーマやメッセージの伝え方も自ずと決まってきます。

大人向けと子供向けでは、伝え方に違いが出るのは自然なことです。幅広い年齢層や男女両方をターゲットにするのか、また20代女性、30代男性のように絞り込むのかによっても変わってきます。

ターゲットそれぞれに、共有している文化や関心も異なります。動画制作では、ターゲットの共通項を意識して、共感しやすいようにメッセージの伝え方にも工夫しなければなりません。

TV?YouTube?どこに動画を公開する?

どの媒体で動画を公開するかによって、動画制作のアプローチも変わってきます。TVなら、長い再生時間で丁寧にメッセージを伝えられます。しかし、YouTubeのようにインターネットを意識する場合は、より短い再生時間の中で視聴者に強い印象を残さなければならないのです。

ブランディングを目的としてインターネット上に動画を公開するケースでは、合理的かつ効果的にメッセージを伝える必要があります。

動画を公開する媒体それぞれによって、ユーザーが求めていることも異なります。媒体とユーザーを意識して動画制作を行うのも、企画・構成の一部です。

シナリオ・台本の基本

良いシナリオ・台本とは、いかに「見る人の心を動かせるか」によります。どれだけ映像がきれいであったとしても、残る印象が「映像がきれいだった」、「何となく面白かった」では動画制作の目標を達成できていません。
特にブランディング動画制作においては、明確なメッセージを見た人に強く印象付けなければなりません。そして印象に残る動画制作には、確立された手法があります。3つの段階に分けて見ていきましょう。

①テーマ設定

シナリオ・台本作りの第1ステップは、テーマ設定です。テーマは、「その動画で伝えたいメッセージ」とも言い換えられます。見る人に強い印象を残すには、前提として制作者が具体的で明確なメッセージを意識しておく必要があります。

例えば、「愛」、「恋」、「青春」といったテーマは、一見すると良さそうに思えますよね。しかし、あまりにも漠然としていて抽象的なため、テーマやメッセージもぼんやりとしたものになってしまいます。ぼんやりしたテーマの動画はぼんやりした印象しか残さず、特にブランディング動画制作においてはデメリットが多いです。

「愛とは美しいものである」といったように、メッセージをより具体的かつ明確にすると印象に残るテーマとなるのです。単語から発想し、意味を付け足してテーマを絞り込むイメージで作業しましょう。

②アンチテーゼから起承転結をつける

文章構成では、起承転結を意識しますよね。似た言葉に序破急もありますが、こちらは日本の古典芸能・能で用いられたストーリー構成のことです。

起承転結を例にとると、テーマ(メッセージ)は最後の部分の「結」にあたります。伝えたいメッセージをゴールとし、そこまでの道筋(ストーリー展開)を作るのが構成づくりです。

「起」はこの中でストーリーのスタート地点になりますが、ここにはアンチテーゼを置くとスムーズな展開が作りやすいです。アンチテーゼとは、テーマの逆の意味を指します。「愛は美しい」がテーマなら、「愛は醜い」がアンチテーゼです。

この場合、「承」、「転」でアンチテーゼ(「愛は醜い」)を否定すると、きれいにテーマ(「愛は美しい」)にたどり着きます。構成では、見る人の立場を想像して、印象を誘導するように作るとスムーズです。

③シナリオ・台本の設計図を作る

起承転結やアンチテーゼについて紹介しましたが、実際の動画制作ではより細かいパートに分けてシナリオ・台本を作ります。

上の8つの数字は、それぞれ箱だと考えて下さい。8にはテーマ、1にはアンチテーゼを入れ、構成を作っていきます。スタート(アンチテーゼ)からゴール(テーマ)へとストーリーがきれいに繋がるように、それぞれの箱に要素を入れていきましょう。この作業は「ハコ書き」と呼ばれ、良いシナリオ・台本を作る上で有効な手法です。

②撮影の成功はしっかりした準備で決まる

動画制作の撮影を成功させるためには、事前に綿密な準備を整えておくのが鍵となります。

動画制作の撮影に必要な機材

・カメラ
・パソコン
・三脚
・スライダー
・ジンバル
・照明
・SDカード

まずカメラからですが、ビデオカメラや一眼レフだけでなく、スマートフォンでの撮影も珍しくなくなってきました。最近では、SONYからZV-1/ZV-GというYouTubeやVlogを強く意識したデジタルカメラも発売されています。

カメラの価格やグレードは幅広く、レンズも考慮すると予算設定も難しくなるでしょう。どのカメラを購入するかは、求める映像の画質で決め流しかない、と思います。

YouTubeなど、インターネット上の動画は、ユーザーである視聴者にとても短い時間で「見る」「見ない」を判断されます。第一印象で可否が決まるため、画質が良いことに越したことはありません。

また、カメラを固定する三脚は、止まっている被写体には有効ですが、移動する映像を撮影するには向きません。スライダーは横方向に移動でき、ジンバルはより多方向に動かせるので対応できる範囲も広くなります。

次に、照明器具も必要でしょう。適切な明るさで撮影しないと、動画の印象も意図したものにはなりません。レフと呼ばれる反射板もあると、よりきれいに撮影できます。

そして、動画の編集や管理にはパソコンが欠かせません。デジタルカメラに用いるSDカードや記録媒体も、容量に余裕をもって用意しておけば心配ないでしょう。

動画制作の機材全てを揃えるのが予算の関係から厳しい場合は、レンタルも検討されて下さい。

撮影する場所選び

撮影する場所選びは、スケジュールや予算に大きく関係するため、慎重に選ぶ必要があります。

■撮影場所選びで考えること

・有料か無料か
・屋内か屋外か
・時間的制約の有無

撮影場所をレンタルするかによって、スケジュールが大きく変わります。レンタルスタジオやロケーションを選択すれば、料金が発生するだけでなく、時間制限も出来るからです。時間が限られる場合、周到な準備をして撮影に臨むことは必須となります。

また、屋外を選択する場合は、天候の問題があります。きれいに晴れたイメージで撮影したいのにも関わらず、当日が雨ではスケジュールの変更を余儀なくされるからです。

動画制作の撮影は限られた時間の中で正確に行う

動画制作において、企画・構成と編集作業は撮影ほど制約を受けません。撮影については、予算の関係上から何度もやり直せないケースがほとんどです。

事前の準備に不足があると、スケジュール内で撮影を完了できず、追加撮影で費用が余計にかかってしまいます。

企画・構成や事前準備が重要なのは、予算内で最大限にクオリティの高い撮影を行うためです。動画制作の撮影では、時間が限られている点を強く意識する必要があります。

■香盤表作成を作成しましょう
プロの映画やドラマの撮影現場では、香盤表が用いられます。香盤表とは、撮影のスケジュール表のことです。

限られた時間の中で撮影を行うには、スケジュール管理が必須となります。旅行の計画と同じように、事前に時刻と作業を書き込んで香盤表を作成しておきましょう。

実際の撮影は香盤表に従って進めるだけなので、迷うことがなく準備不足によるトラブルを避けることもできます。

動画制作の撮影は素材作りの作業

動画制作における撮影の本質とは、「素材作り」の作業です。この場合の「素材」とは編集で用いる映像素材を指します。

撮影した映像をパーツと見立て、それを組み立て仕上げるのが編集作業です。組み立てやすいようにパーツを撮影しておけば、編集作業も楽になり、完成イメージに近づけるのもより簡単になります。

③編集作業は動画制作で最も時間がかかりやすい

撮影した映像素材を繋ぎ合わせ、一つの動画に仕上げるのが編集作業です。編集は動画制作の中でも最も時間がかかりやすく、地道で細かい作業が続きます。

同じ映像素材でも、編集次第で全くの別物になります。そのため、企画・構成で完成イメージを明確にしておくのが重要なのです。

動画制作の編集に必要なソフトや機材

現代の動画制作の編集は、パソコンを用いて行われます。動画制作用の編集ソフトが販売されていますが、中にはクオリティの高い無料ソフトも存在しています。

■Windows・Mac対応有料動画編集ソフト
・Adobe Premier Pro(Adobe社)
・PowerDirector 365(CyberLink社)
・DaVinci Resolve(Blackmagic社)
・Filmora(Wondershare社)

■Mac専用有料動画編集ソフト
・Final Cut Pro X(Apple社)

■無料の動画編集ソフト
・iMovie(Apple社)
・LIghtworks
・Videopad
他多数

有料の動画編集ソフトは、プロユースのため高いクオリティの動画制作が可能です。お使いのPCがMacの場合は、無料ソフトのiMovieから有料のFinal Cut Pro Xへステップアップするのもいい選択でしょう。

動画制作の編集については、パソコン選びで注意点があります。プロユースの動画編集ソフトは、クオリティの高い編集ができるのと同時に、パソコンにも高いスペックが求められるのです。

■動画編集に最低限必要なPCのスペック

・CPU:intel Core i5、Core i7、Core i9
・メモリ:8GB以上
・記憶媒体:SSD推奨

高度な演算処理を行う動画編集ソフトでは、記憶媒体はHDDよりもSSDの方がおすすめです。ただSSDは高価で容量もHDDよりも少ないため、データ保存用に外付けHDDを用意すると心配ないでしょう。

編集作業の音楽選びと注意点

編集作業では、動画にBGMをつけて演出を行います。映像とイメージに合った音楽をリンクさせることで、見ている人により強い印象を与えられるのです。

注意点としては、著作権に気を付けて下さい。フリー(無料)素材のBGM以外は、日本では著作権を管理するJASRACに音楽使用料を支払うことが義務付けられています。もし不注意で著作権侵害をしたとしても、法律違反に問われるのでくれぐれも注意して下さい。

字幕・テロップは説明やメッセージを伝えるのに有効

編集では、音楽だけでなく字幕やテロップといった文字での演出も行います。企画・構成で決めたテーマやメッセージを印象付けるため、最も伝えたい情報を字幕・テロップにすると有効でしょう。

④公開して動画制作が完了

動画が完成したら、あらかじめ決めておいた媒体に公開して動画制作が完了です。インターネット上に動画を公開する場合、現在はYouTubeにアップロードするのが主流となっています。

企業または個人でYouTubeチャンネルを開設し、制作した動画を公開して下さい。動画のURLとSNSを連携させると、より多くの視聴者にアピールできます。

初心者でも上手く動画制作する方法は?

続いては、初心者の方が上手く動画制作するコツについて紹介しましょう。

完成イメージから逆算して動画制作するのが重要

何から始めればいいか分からない初心者の方は、まず完成イメージを明確にして下さい。完成イメージが出来上がると、やるべきこともはっきりしてきます。

初心者の方にとって、完成イメージから逆算して作業するのが、動画制作のクオリティを上げる近道です。

撮影は編集を意識するとスムーズになる

初心者の方にとって、慣れない撮影は緊張と戸惑いの連続でしょう。どうにか撮影は出来たものの、編集に手こずり思った仕上がりにならないのは珍しいことではありません。

その原因は、編集を意識しない撮影にあります。撮影とは、映像素材作りです。編集のしやすさを心がけ、カメラワーク、ズームイン、ズームアウト、異なるパターンを短い長さで撮影しましょう。複数の素材を撮影することで、編集時に選択肢ができます。ベストな素材を繋ぎ合わせれば、クオリティも上がるのです。

メッセージを絞ってターゲットを明確に

初心者の方が動画制作で失敗しがちなのは、メッセージの詰め込み過ぎです。伝えたいことが多すぎると、一番重要なものが見る人には分からなくなります。

企画・構成、シナリオ・台本づくりの段階でメッセージを絞り、ターゲットを明確にしておきましょう。メッセージが複数の場合は、優先順位を付けておくのがおすすめです。

動画制作を映像制作会社に依頼する方法

企業や個人の方が、独自に動画制作する方法について紹介してきました。中には、目的に合った動画制作に不安を感じられる方もおられるでしょう。そのようなニーズには、プロの映像制作会社が力になります。

プロの映像制作会社に依頼すると何が違う?

プロの映像制作会社は、有名なテレビやCMの撮影を多数行ってきた専門家集団です。「いい動画制作とは何か」、「見る人の心を動かす動画制作」を知り尽くしたプロフェッショナルになります。

宣伝やアピールを目的とした場合は、アクセス数といった「結果」を追求できるのも映像制作会社の強みです。

撮影だけでなく、企画・構成から公開までをパッケージ化したサービスも展開しています。動画制作の目的が明確ならば、”丸投げ”も可能なのです。

動画制作の料金相場

映像制作会社による動画制作の料金相場については、我々スタジオAMUを例にしてみましょう。

・価格重視:30~50万円
・ハイクオリティ動画制作:50~80万円
・オールインワン:80万円~

取材、シナリオ・台本作成、撮影、編集は、全てのプランで共通しています。ミドルクラス以上のプランではCGとアニメーションを付けられ、最上位プランはさらにナレーション・キャスティングもカバーしたオールインワンの動画制作に対応しています。

ビジネス向けの動画制作では、初期投資に加え撮影・編集を全て独自に行わなければなりません。高いクオリティを目指すには、費用を含めたコストは数十万円を想定しておく必要があります。

映像制作会社の探し方

インターネットで検索すると、その映像制作会社にすればいいのか迷ってしまうでしょう。その場合、求めている動画制作とマッチングするのかを判断するため、公開されている動画サンプルを視聴するのがおすすめです。

加えて、過去の実績や受賞歴なども確認すれば、品質にも安心できます。費用が不安な場合には、無料相談や見積りに対応しているかもチェックされて下さい。

まとめ

動画制作の手順、初心者の方向けのノウハウ、プロの映像制作会社への依頼方法について紹介しました。

動画制作の手順は、企画・構成、撮影、編集、公開になります。ターゲットとメッセージを絞り、完成イメージから逆算して作業すると動画制作はスムーズです。

しかし、独自に動画制作を行う場合は、技術だけでなく初期投資といった費用面でも不安が大きくなります。そのような場合には、プロの映像制作会社に依頼するのがおすすめです。動画制作を始めてみようと検討されている方は、いったい何からすればいいのか分からずお困りかと思います。

本記事では、初心者の方に向けて動画制作の手順や方法を分かりやすく解説しています。撮影のコツや、プロの映像制作会社への依頼方法について、ぜひご参考にしてください。

関連記事一覧
  1. ff47cff8e11b8ca6d73be6ce2c36529c-500x347.jpg
  2. 221888b5a89f0ab636a3c565b458f993-500x347.jpg
  3. 04f08465b4a273bcaa893be3b99a8fa9.jpg
  4. 91295be0f09678ea7a06db5eb00ca4de-500x347.jpg
  5. b643c3655e8985106464e947df54b8d6-500x347.jpg
  6. fb24c70d05756cafec2d18a1cd993acb-500x347.jpg
PAGE TOP