STAFF BLOG

【動画撮影の極意】
ゲインを上げると画質が下がる。まずはアイリスで調整する努力を♪

こんにちは。宮本です。

プロのカメラマンが失敗しないための7つのチェックポイント。

撮影中に唱えれば失敗しないその呪文

『シロ・シ・ア・ゲ・ブレ・ピン・ND』

今日は 4番目の『ゲ』=ゲイン についてご説明しましょう。

[toc]

 1、ゲインってなに?

ゲインは、アイリスと並んで明るさを決定する機能です。前回、アイリスについてお話ししたとき、明るさの調整には

 

1光学的な調整

2電子的な調整

 

の二つがあって、アイリスは1の「光学的な調整」である。とお話ししました。今日、お話しするゲインは2の「電子的な調整」をおこなう機能です。アイリスは、レンズについている『アイリス羽根』を閉じたり、開いたりすることで、明るさを調整しました。これに対してゲインの方は『CCD』と呼ばれる(カメラの目)の感度を上げて、 明るさを調整します。

 

ちょっと分かりづらいですね。

 

レンズから入った光は、電気信号に変換されて記録されます。その際に、その電気信号を増幅 して、画面を明るくしてくれるのが、ゲイン(GAIN)という機能です。デジタルカメラで静止画を撮ったことのある方は、感度と聞くと『ISO』という単位を思い起こされるかもしれません。もともと ISO という単位は、フィルムカメラを使っていたときのフィルム感度の単位として使われていました。現在もその名残りがあって、デジタルカメラでは、ISO という感度表記が使われています。なので、

デジタルカメラでは=ISO
ビデオカメラでは =ゲイン

だと覚えておきましょう。現在では、どちらも電子的な調整であることは、同じです。

 

2、ゲインはどんなときに使うの?

さて、それでは、ゲインって、どんなときに使うのでしょうか?

ゲインは、アイリスを開放状態にしても、なお、画面が暗い場合に使います。ビデオカメラの明るさを決定する要素には 『アイリス』 『ゲイン』 『シャッタースピード』 の 3 つがありました。映像を明るくするために、シャッタースピードを遅くする。という方法も考えられます。しかし、フリッカー対策で、シャッタースピードは、1/100秒に固定しないといけません。そして、あまりシャッタースピードをスローにすると、被写体によっては、流れるような塊の映像になってしまいます。

 

そこで画面を明るくする方法として上がってくるのが「ゲインを使って明るくする」というやり方です。

 

ゲインを使って電気的にカメラの感度を上げていきます。「ゲインで感度を上げられるなら、明るさの調整はゲインだけでもいいんじゃないの?」って 思われそうですが、じつはそうではありません。その理由は、ゲインには「感度を上げれば上 げるほど、その副産物として

 

『砂嵐みたいなノイズ』が発生する」という弱点があるからです。

 

ゲインを上げることは、電気的に増幅する。ということです。暗い場所でも撮影できるので、 とても便利な機能なのですが、画質を落として、無理やりセンサーの感度を上げるので、なるべくゲインは使いたくない。というのが、カメラマンの本音なのです。

 

↓ちなみにゲインを使って電気的にカメラの感度を上げて撮った映像がありますので、見てみましょう。

これは、弊社で制作している「ちば情熱アスリート」という番組ですが、他の放送回と比べ ると、画質の違いがわかると思います。(ちょっと画面がザラついていますよね?)他の放送回については、番組ホームページからも見られますので、実際にあなたの目で、比べてみてください。

ゲインを使うときは、まず、アイリスで調整する努力をします。でも、まだ、どうしても暗い。そして ND フィルター(この後のブログで説明します)も使っていない。ということを確認した上で、使うようにしてください。ちなみに、みなさんが自宅のビデオカメラを使って、オート撮影をするとき、暗い場所では勝手にゲインが入ってしまうことがありますので注意が必要です。

ちょっと豆知識(業務用ビデオカメラの0dbの基準について)

この講座では、業務用ビデオカメラを使う前提でお話ししています。

近年、カメラのセンサー 回路は進歩がめざましく、最新のカメラは、以前と比べるとゲインをあげてもノイズが目立たなくなってきています。このことは、高級なカメラになると、より傾向が顕著になります。ただ、目立たなくなっているといっても、ゲインを上げる=画質が下がる。という図式は変わりません。なので、できるだけ使わないようにするというスタンスは同じです。それとついでなので、ゲインの単位についても述べておきましょう。

ゲインの単位は db(デシベル)です。でも同じ 0db なら、どのカメラでも同じなのかというと、そうではありません。

ゲインはセンサー感度なので、同じメーカーさんでもセンサーが違えば、0dbの基準が変わります。違うメーカーさんになれば、またまた変わってくるのです。困りましたね。 どこかで統一される日がくると分かりやすいのですけどね。

3、ゲイン設定の仕方

さて、最後に設定の仕方です。ゲインの設定は、 上の GAIN ボタンと、その下の◼ L/◼ M/◼ H でおこないます。GAIN を使う際には、まず GAIN と書かれたボタンで、AUTO と MANUAL を切り替えます。 基本的に MANUAL で撮影します。

◼ L=(Low)

◼ M=(Middle)

◼ H=(High)

については、事前に数値を設定しておきます。というのは、撮影の設定は、この3つしか操作 できないからです。

 

私の使っているカメラでは、

 

◼ L=(0db)◼ M=(6db)◼ H=(18db)

 

に設定することが多いですが、当日、現場に状況を見て、あまりにも暗ければ、撮影前にもっと高い数値を設定しておきましょう。たとえば、

 

◼ L=(9db)◼ M=(12db)◼ H=(24db)

 

のように、高めの数値を設定しておくのです。さきほど、ご紹介した映像では、現場が非常に暗かったこともあり、◼ H=(24db)で撮影しました。

撮影の現場で、一番注意を払うのは、明るさです。シャッタースピードやホワイトバランス、 フォーカスなどは、最初に設定すれば、あまり変化がありません。が、明るさだけは、不意の変化が起きやすいので、アイリス、ゲイン、には常に注意を払いながら、撮影をするようにしましょう。

 

【無料PDF】ミスの許されない撮影現場でなぜプロのカメラマンは失敗しないのか?7つのチェックポイント

関連記事一覧

PAGE TOP